近年、「youtube」で収益を挙げるユーチューバーが増えています。
一般人は、もちろん芸能人も始める光景が見られます。
理由として、「自分に興味を持ってもらいたい」「お金を稼ぎたい」などが、あるようです。
人気のユーチューバーになると、生活が送れるほど稼いでいます。

スマホやパソコンが身近な今、ユーチューブで動画を視聴する事は普通の時代です。
カメラで撮影した動画を投稿する事で、収益が得れれば立派な「副業」になります。
しかし、たかが動画といっても「再生数」が多くないと、得られるお金は少ないです。
自身の動画を多くの人に見てもらうには、「魅力のある動画」「惹かれる動画」が必要になります。

数より中身が大事

ユーチューブは、膨大な動画がアップされていて日々投稿されています。
3分ぐらいから、数十分までいろいろなジャンルの動画が楽しめるはずです。
ユーチューバーとして収益を稼ぎたい人は、動画のアップ数を決めてみましょう。
初心者の人は、動画を多く撮りアップするほど稼げるイメージがあるはずです。

しかし、数を多く撮影しても、必ず「ネタ切れ」になり続かないケースに遭遇します。
毎日動画を載せていっても、再生数が少なければ意味がありません。
動画をアップするペースとして、「1週間に2本」ぐらいが理想になります。
一見、少ない感じもしますが、長く続けて行く数としてはベストです。

また、動画の内容も魅力的なら、1本のアップで再生数が「数万人」も可能です。
1週間ぐらいで1万人の再生数があれば、1000円ぐらい稼げます。
1ヵ月、2ヶ月経過して、人気動画なら再生数もどんどん増えて行きます。

人気動画は、身近にある

ユーチューブにアップする動画は、初心者の人は考える事から始めるはずです。
収益を挙げたい人は、専門的な内容が良いでしょう。
例えば、人気の動画に、「ペット」があり視聴するのが好きな人は多いです。
理由に、「飼っている」「動作が可愛い」「思わぬ出来事がある」などが、あります。

なかでも、ペットのハプニングは、動画で再生数が多い魅力があります。
意外な行動が撮影出来れば、収益が稼げる事も。
しかし、ペットを利用しての強引な動画撮影を行う事はやめましょう。
無理やりハプニングを作ろうとすると、「ペット虐待」になるので気を付けるべきです。

また、身近な動画として、「料理」があり人気の分野になります。
料理動画は、女性が好きで参考にしたりチャレンジするケースがあるようです。
そのため、再生数を稼ぎやすく一般人向けな動画になります。